2012年07月31日

猫のしっぽ カエルの手  お茶のある幸せ

日射しはいつの間にか初夏のものに変わった京都・大原。新しい季節の訪れにさまざまな命が輝く。

002

ベニシアさんが暮らす築100年の古民家、今年も庭の植物達がいっせいに花ひらいた。ベニシアさんにとって今は一番庭仕事が楽しい時。「朝早く起きてハーブの世界に入ると癒される」。日ごと様々な表情を見せる庭、この季節は一年間の庭仕事の成果が現れる時でもある、今年は最高だ。

009


007

レモンバーム

011

フェンネル

014

ポリジ

017

020

クレマチス

022

ジキタリス

024

ミヤコワスレ

026

キンセンカ

草花の手入れだけがガーデニングではない、今日はなにやらペンキぬり。「古い一輪車が穴が空いているので小さな庭を作ろうと思って。バジルを一杯植えようと思っています」。今迄、庭仕事で活躍していた手押し車、ペンキを塗ってコンテナガーデンにする。めったに物を捨てないベニシアさん、使える物はなんでも再利用する。割れた鉢で穴を塞ぎ、バーベキューの網をかける。リサイクルはアイデアしだい。堆肥を混ぜた土を入れ、後は植物をうえるだけ。これからは虫が多くなる季節バジルはトマトの傍に植えると虫除けになるという。ブッシュバジルやダークオパールバジルなど珍しいバジルもあわせてバジルガーデンを作る。どんなに小さな空間でもベニシアさんの手にかかれば庭に変身してしまう。完成したバジルガーデン、これなら天候や日射しの具合で移動可能。

036

034


028

ブッシュバジルとダークオパール

030

シナモンバジル

032

スィートパジル


八十八夜を過ぎるとベニシアさん新茶を買いに出掛ける、やって来たのは京都市和束町。京都と言えば日本でも名高い宇治茶の産地。和束町は古くから香り高い高級煎茶を栽培し、今も宇治茶の四割を生産している。江戸時代に京都御所にも茶をおさめていた由緒ある茶どころ。ここに安全で美味しいお茶を作っている人がいると聞いたベニシアさん、一度訪れてみたいと思っていた。

038

042

迎えてくれたのは茶園の五代目の上嶋伯脇さん。「江戸時代から営んでいます、此処は鎌倉時代からお茶を作っている町です。山なので茶畑が植えられる範囲の傾斜の所は全部茶畑となっています。山の特徴として、水はけが良く、朝霧がたち、寒暖の差が激しいので、しっかりとしたお茶が出来ます」。ハーブティーはもちろんお茶と名のつく物には目がないベニシアさん、話しは尽きない。ベニシアさんを収穫直前の茶畑に案内してくれた。一番茶となるのは今年最初に出来た新芽。なかでも一芯二葉と呼ばれている部分は柔らかく、お茶の爽やかな味の決め手となる。

044

「私にってお茶はハーブと思っています。一番茶と二番茶は味変わりますか?」「変わります。一番茶は昨年の8月から肥料分とか自然界の養分を沢山蓄えているので、一番茶はアミノ酸とかペラニンとか豊富に含んでいるので、頭が良くなるとか疲れがとれるとか言います。二番茶は短い時間に葉が出てくるので、夏になり気温が上がるとお茶の成分のカテキンが増殖し、病気になりにくいとか、抗がん作用、抗菌作用などの効果があります。」暮らしに役立つ植物をハーブと考えているベニシアさん、お茶はやはりハーブ。

茶農家にとって新茶を作る此の時期は大忙し。茶葉は成長が早く、一日でも遅らせると品質が悪くなるので、スピードが勝負なのだ。緑茶は紅茶やウーロン茶とは違い発酵させないので収穫された茶葉はすぐに工場に運ばれて蒸機にかけられる。煎茶は此の蒸しが命。最近は渋みの少ない深蒸茶が多く出回っているが、渋みを大切にするこの辺りは蒸し時間が短い。蒸された茶葉はたたき、もみという工程を経てじょじょに煎茶の形になって行く、昔から変わらない方法。出来上がる迄3時間程かかる。

「荒茶と言われるもので、工場の完成品です。」 荒茶とは茎や粉も入った状態の物。これを茶問屋が仕入れ茎などを取り除き、ブレンドして製品にするのだ。ベニシアさん出来上がったばかりの新茶をいただく事に。

002

一せん目は80°位の湯でいれる。緑茶にはいっているペラニンが甘味を出してくれるのだ。「一せん目はお茶をひらかせる為に一分位おいて、少量のお茶で味を楽しんでもらいます。」 二せん目は少し熱い湯で、するとカテキンがすーっとした渋みをだしてくれる。「こういう楽しみ方が出来るのが京都のお茶のあじわいかたなのです。」
ベニシアさん新しくお茶の楽しみ方を知った。

Venetia's Herb Note  緑茶

雲が明るくなったかと思うと太陽が山の上に顔をだし、谷間に初夏の暖かな日射しが降り注ぎました。朝霧が乾くのを待って茶畑の柔らかい緑の葉が摘み取られれ行きます。紅茶も緑茶も最古のハーブティー どちらも同じチャノキからとれた葉を煎じたものです。アジアでは昔から日常的に呑まれていました。その茶葉は心臓病や脳卒中を予防すとといわれています。12世紀にチャノキを日本に持ち帰った栄西禅師は、お茶は五臓によく脳機や骨密度を改善し消化不良や疲労に効くと「喫茶養生記」にしるしています。
「お茶と水はお互いを活かす」 ジェイソン・ゴッドウィン

すっかり新茶を堪能したベニシアさん市内に戻って来た。お茶について気になっている事がまだある、何故日本では紅茶を作らないのか。伏見区にあるお茶屋を訪ねた。武村龍男さん、京都で代々続く茶葆の五代目。紅茶と緑茶の違いは製法だけ、

004

011

008

武村さんは12年前から日本の茶葉を発酵させて紅茶を作っている。武村さんは京都の宇治茶や玉露を使い日本ならではの甘味が感じられる紅茶を目指している。紅茶については一家言持っているベネシアさん興味しんしん。ベニシアさんが選んだのはヤブキタとゴコウの茶葉を使った紅茶。武村さんは茶葉のブレンドを手掛ける茶匠でもある。緑茶も紅茶も茶葉をブレンドする事で深みのある味や香りを出して行く、武村さんがブレンドしてくれた紅茶にベニシアさん期待が膨らむ。紅茶もお茶もハーブティーも大好きなベニシアさん、茶文化のある国に暮らせて幸せだと何時も感じている。

002

004

006

Venetia's Herb Recipe  抹茶クッキー

材料(25枚分) 抹茶 大さじ2、ベーキングパウダー 小さじ1.5、塩 少々、ブラウンシュガー 大さじ4、水 大さじ1.5、小麦粉 175g、無塩バター 120g、卵 1個

小麦粉をふる、普段はココアパウダーを使っているベニシアさん 今日は其のアレンジ。
抹茶を入れる、ベーキングパウダー、塩を加えたらよく混ぜる。
鍋にバター、砂糖、水を加え弱火で溶かしたらさます。
玉子はよくかき混ぜておく。
キッチンに立つと健康になると何時も言うベニシアさん、卵とバターを粉に入れて混ぜる。
オーブン皿にペーパーをひき、生地をスプーンですくい形をととのえながら並べる。フォークで生地を少しおさえる。こうすると焼き上がった時にアクセントになる。
後は200°のオーブンで15分焼けば出来上がり。

009

013


Venetia's Essay  アフタブーン・ティー

鳥の歌声が響き渡った後、庭は静寂に包まれました。焼き立てのクッキーの薫りがキッチンから漂っています。今日は友人を呼んでのお茶会をするのです。私は子供の頃、祖父母が暮らすイングランド北部の古い大邸宅に時々遊びに行きました。午後4時になると昔ながらのアフタヌーンティーを楽しんだものです。スコーンや上品なサンドイッチを摘まみながら祖父の若い頃の冒険話に耳を傾けるのでした。私は一番上等な陶磁器を取りだしながら祖父が教えてくれた詩を思い出しました。
「寒い時はお茶が温めてくれる 暑い時は冷ましてくれる 悲しいと晴れやかにしてくれる はしやぎ過ぎると落ち着かせてくれる」 ウィリアム・グラッドソン (元英国首相)

午後 友人達がやって来ました。何時も紅茶や日本茶について情報交換する友人達。オリジナルプレンドの紅茶でもてなします。

017

023

お茶が与えてくれる一番大切な事、それは心のゆとり。





                猫のしっぽ カエルの手  引用














crystaltakara at 17:23│Comments(0)TrackBack(0)

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字