ニチニチソウ ナツザクラのハンギング美の巨人たち  尾形光琳作 松島図屏風

2012年05月16日

初 気功

以前よりジムで行われている気功のレッスンが気になっていました。今日は娘も早く出掛けた事ですし、ものは試しと思い気功のレッスンに出て来ました。

気功とは気が満ちると言う様な事を連想していましたが、呼吸法を使いゆったりとした動作を行う物でした。なにしろ初めてですから先生の動きに目が釘付けと言う状態ですから。まだまだなにも分からずにレッスンが終わったと言う所です。でも呼吸法、これはヨガにも通じるものですが、心がとてもリラックスできる物であると言う事が分かりました。色々なストレスにもめげず何時も平常心を保ちたいと思っている私には良いレッスンの様に思われました。

驚いた事はヨガのレッスンに参加なさっている方を多くお見かけした事です。気功とヨガどの様な一致点があるのでしょうか。

以下はネットで調べた気功の説明の抜粋です。

気功の基本は、心身のリラックスにあります。中国語では体のリラックスの事を「放鬆」(ほうしょう)、心の安定した状態を「入静」と言っていて、両者を合わせた「鬆静」状態が気功を行う時の基本となっています。心身が安定してゆるんでいる状態で動作、呼吸法、イメージや瞑想を用いて、総合的に心身の自己コントロールを行うのが気功の特徴です。スポーツでは筋肉を鍛えますが、気功では内蔵を鍛えると言います。

これから気功の本質を理解していくのが楽しみです。







crystaltakara at 18:05│Comments(0)TrackBack(0)

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
ニチニチソウ ナツザクラのハンギング美の巨人たち  尾形光琳作 松島図屏風