2011年11月23日

KEN HIRAI Live Tour 2011 JAPANESE SINGER

昨日は平井堅さんのライブ 「JAPANESE SINGER」を観にさいたまスーパーアリーナまで行って来ました。

入口を入ると女優さんや仕事関係の方々のお祝の花束がならびます。その中に中孝介さんの花も飾られていました。私は中孝介さんの歌も好きで、夜、心を落ち着けたい時に良く聴いていますので驚きました。どの様なお仕事の関係が有ったのでしょうか・・・

ライブ会場は満席、皆、開演を心待ちにしています。

ライブは「いとしき日々よ」で開演しました。高い澄んだ声が場内に響き渡ります。とても歌声にインパクトがあり聴き入ってしまいます。

続いて「お願いジュリー、R&B,CANDY。Girls3X」がダンサーも交え、セクシイーに歌われます。踊りも振り付けも素晴らしくテンションがあがります。堅ちゃんのダンス、上手くなりましたね。

続いてKen'sBarへと展開し、しっとりと名曲を歌いあげます。

「Missing you ~it will breack my heart~此の曲は9・11の事件が発生した時に作詞されたそうです。私も此の曲が好きで、聴き入ってしまいました。

続いて「片方ずつのイャホン」本当に初期の作品で、とても新鮮な感じがしました。帰りの電車で若いカップルが片方ずつイャホンを付けて音楽を聞いていましたが、正に青春真っ盛りと言う感じがして、微笑ましく思いました。

続いて「LIFE is・・・」此の哲学的な歌詞を持つ詩は私もとても好きです。若い頃は自分を強く、巧くみせていたなと思います。

続いて「夢のむこうで」「アイシテル」後ろの席の方が”鳥肌がたった”とおっしゃっていましたけど、私も此の二曲を聴いてとても感銘しました。

「君の好きなところ」「瞳をとじて」「哀歌」が続きます。どの曲も素晴らしい。

此処まで堅ちゃんは歌い続けていましたね、凄い歌唱力です。

オレンジの上着と白のズボンに衣替えをして、またテンションの上がる曲を歌い始めました。

「Miss サマータイム」「KISS OF LIFE」「POP STAR」 「僕は君に恋をする」会場に風船が飛び、銀テープが飛び、盛り上がりは一段となります。

アンコールにまずは「Love Love Love」

そして最後にピアノ演奏をしながら「あなたと」 今回の震災に心を痛め作曲された曲です。「不安でたまらなくても 明日さえ見えなくても 震える手と手をつなぎ渡りたい 同じ孤独を重ね合いたい あなたと」と言う詞が心を打ちます。此のさいたまスーパーアリーナにも避難されて来た人達がいらっしゃいました。その場でこの曲を聞くと其の方々が今、平安な日々を過ごされてらっしゃいます様にと念願致します。

ライブは堅ちゃんの「ありがとう」と言う肉声で終わりました。

綺麗に飾り付けられてクリスマスイルミネーションを見ながら帰途につきました。

心の中がすっきりと軽くなるのを感じました。

お疲れ様でした。そして有難う、素晴らしい一時でした。







crystaltakara at 16:53│Comments(0)TrackBack(0)

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字