2011年06月22日

「美しき日本の原風景」展

山種美術館で開催されている「美しき日本の原風景」展に行って来ました。

この展覧会では川合玉堂画伯、東山魁夷画伯の作品が展示されるとの事でしたのでとても楽しみにしていました。

まず展示は川合玉堂画伯の画より始まりました。20点もの画が展示されている事に驚きました、なかなか此れ程多くの作品を鑑賞する事が出来る機会は希だと思います。温か味を感じる作風で私はとても好きです。画の中に描かれている点景がとても可愛らしさを誘います。

002

川合玉堂  「早乙女」
稲を植える乙女達の柔和な笑顔に心惹かれます。

004

川合玉堂  「山雨一過」
玉堂にしては珍しい鮮やかな色彩、とても美しい。点景に馬を曳く人の姿があるのですが、その姿を微笑ましく思います。

006

川合玉堂  「渓雨紅樹」
美しい紅葉のもと川沿いを歩く二人の人。紅葉の色彩が微妙に変化してその美しさを増しています。

奥田元宋画伯の「奥入瀬(春)」が展示されていましたが、とても見事でした。木々、草の匂いが薫り、川の水しぶきを浴びるかの様な思いに駆られました。

008

東山魁夷  「月出ず}
新芽を抱く木々の間に出る月。月の神々しさが伝わって来ます。

010

東山魁夷  「春静」

緑の山をバックに咲く桜花とても可愛らしいですね。

012

東山魁夷  「年暮る」
除夜の鐘の鳴り、しんしんと雪の降る京都の町並み。その中に温かな息使いを感じさせてくれる家々の灯、とても温かな感じのする作品で大好きです。家々は皆、青で描かれています、この色合いに心が曳かれます。私が東山魁夷さんの作品を初めて観たのは青い色調で描かれた北山杉の画でした、その作品に心惹かれ東山魁夷さんの作品にとても心が曳かれて行きました。

最後の展示場には富士を描いた各画伯の画が展示されていました。

横山大観画伯の「霊峰不二」はとても素晴らしく思いました。雲海を下にした富士に朝日が輝き、神々しさを感じました。

小林古径画伯の「不尽」は丸いフォルムが美しく、可愛らしさを感じる画となっていました。

美術館賞を終え、Cafe椿でお休みしました。何時も画の題材をモチーフに作られてお菓子をいただくのが楽しみなのですが、今回は川合玉堂画伯の「早乙女」を題材にした和菓子をいただきました。

110621_1450~01

「さなえ」
早乙女の赤いだすきをモチーフにしたお菓子です。田に働く早乙女達の華やかさが表現されていますね。

















crystaltakara at 18:17│Comments(0)TrackBack(0)

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字