2010年06月29日

ラリックをめぐるフランスの旅

ルネ・ラリックに関する本を見つけました。「ラリックをめぐるフランスの旅」

ラリック

礼拝堂、レストラン、オルセー美術館、工房跡、ラリック パリ本店、シャンゼリゼ劇場、旧ラリック邸などラリックの作品が遺されている場所が紹介されています。

此の本によりラリックが60歳代より教会の建築装飾を手掛けていた事を知りました。ジャージー島/イギリスにある聖マタイ教会は祭壇はもちろんのこと、聖母礼拝堂の囲いの扉、玄関、花瓶、洗礼杯・・・すべてが百合の花をモチーフにしたラリックの作品で埋まっています。1934年9月、ラリック74歳の時に完成させました。晩年まで素晴らしい作品を遺したのですね。

100629_1529~01

100629_1531~01

その他、ラリックの軌跡を数多くの作品と供に辿り、現在のラリックの工房が紹介されています。

最後に日本てラリックの作品に出会える美術館が紹介されています。その中でもとても興味を持ったのは滋賀県の成田美術館です。ルネ・ラリック愛好家の成田光子さんが約50年をかけて収集した200展以上の作品が所蔵されているそうです、凄いですね。また行きたい美術館が増えてしまいました。

今年はラリックの生誕150年と言う事で色々な展覧会が開催されています。今日も長野の北澤美術館のHPを覗いてみると、「生誕150年記念 北澤美術館 ルネ・ラリック コレクション展」が開催されている事を知ってしまいました・・・・行きたい!!北澤美術館にはエミール・ガレ、ドーム兄弟、東山魁夷の作品が所蔵されているのですからなおさらです。今年は美術館を求めて遠出する事になりそうです。





行きつけのお花屋さんをのぞいてみると、なんと「メダカ」が売られていました。あまりに珍しいので写真を撮らせて頂きました。夏の風物詩ですね。

100629_1404~01



crystaltakara at 16:47│Comments(0)TrackBack(0)

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字