2010年02月18日

根津美術館

今日の朝はすっかり雪景色になっていましたね。

根津美術館に行って来ました。

「陶磁器ふたつの愉楽」が開催されていました。観るやきもとの・使ううつわに分けて重要文化財、重要文化財の器を含む沢山の器が展示されていました。

後半の使ううつわでは献立が説明されていて、その器に何が盛られていたのか想像力をかきたてられました。

私がとても観たかったのは尾形乾山作の[銹絵染付金彩絵替土器皿]です。

100218_1658~01

茶の地に白、黒、金で描かれる色々な模様、色のコンビネーションもとても素敵ですし、模様にとても温かさを感じます。

会場に展示されていた「龍虎図屏風」はとても迫力を感じました。

100218_1659~02


100218_1659~01




同時にコレクション展も行われていました。

ホールに展示された仏像にもとても心惹かれました。重要文化財の「十一面観音立像」「地蔵菩薩像」は表情がとても優しげで心救われる思いがしました。

円山四条の絵画では子犬の描かれている掛け軸がとても可愛らしく興味を持ちました。

その他、茶道具、名物裂、更紗が多く展示されていました。

「新春を寿ぐ」の展示では会場に茶室の中をかたどって茶道具一式が展示されていました。野々村仁清作の「色絵結文茶碗」はとてもモダンな感じがして心惹かれました。その他、小川破笠作の「黒楽写象嵌茶碗」、作者不明の「虎渓三笑蒔絵硯箱」が素敵でした。

根津美術館の庭園はとても素晴らしいです。回ってみましたが立派な灯篭や仏像が立ち並び、お茶室も設けられてありました。季節毎にお茶会が開かれるのでしょうね。

100218_1324~01

歩いていると苔に雪の残り水で綺麗な水滴が輝いていました。

100218_1325~01 (2)

100218_1329~01

紅梅が青空の下、とても綺麗に咲いていました。

竹が楚々と立ち並ぶエントランスを通り美術館を後にしました。

100218_1332~01






















crystaltakara at 18:11│Comments(2)TrackBack(0)

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by メロン*   2010年02月19日 18:24
こんばんは~ 根津美術館に行かれたのですね 静謐な佇まいが いっそう日本文化を 芸術作品の数々を ひきたててくれているのでしょうか 私も行ってみたいな~

勿忘草ではと仰ってた花 オンファロディスではないかと、、、
わすれな草と同じムラサキ科なので似ているような、、、
たぶん草丈が高いと思いますが 間違ってたらごめんなさい^^;

ヒューケラとティアレラのように???
見分けのつきにくい植物多いですネ。
2. Posted by violet   2010年02月20日 13:06
根津美術館はとても静寂な感じがして良かったですよ。庭園も季節ごとに色々な顔を見せてくれそうです。

オンファロディス やはり此のお花です。ネットで検索しましたら結構此の植物を育ててる方のブログがのっていました。教えてくださいまして有難うございます。

とても可愛らしいお花ですね。

コメントする

名前
URL
 
  絵文字