2011年07月

2011年07月14日

夏のお茶会

昨日はお花関係の友人とお茶を楽しんで来ました。行き先は二子玉川のRaise。友人の車の乗せて戴いて向かったのですが。駐車場の現代的なシステムに驚きました。車が横にスライドして行き、コンピューター制御なのでしょうね自動的に駐車スペースに運ばれて行きます。これでしたら駐車スペースを探す手間が省けますし、事故防止にも役立ちますね。

まずお茶会をと思い、ケーキの美味しいHARBSに向かいました。注文をしたのは季節限定のケーキ。白桃のレアチーズケーキです。

110713_1438~01 (2)

大好きな白桃がたっぷりとのせられ、レチーズのあっさりとした味わいがとても美味しい!!夏の暑さに向いたメニューですね。

娘と約束をしていたので、同じケーキをティクアウトしました。娘も美味しいと感激していました。

http://www.harbs.co.jp/harbs/


お茶の後、Raiseの中をウィンドーショッピングし。一路、ガーデンアイランドの中にあるプロトリーフに向かいました。やはり花仲間、お花の話に花が咲きます。私はハンギング用のお花を探していたのですが、夏に強いポーチュラカを見つけて、買う事にしました。お花の色がミックスなので咲いたらとても明るくなりそうすです。

お花の付いた観葉植物を見つけました。カラーの様なお花が咲くそうです。

110713_1658~01

アガラオネマ  なんと8,400円ものお高い植物です。

プロトリーフを後にして家路へとつきました。

とても楽しいお茶会でした。でも沢山運転させてしまった友人には申し訳なかったなと思っています。此れに懲りずまたお茶会をしましょうね。


今朝は昨日買ったポーチュラカを寄せ植えしました。

002

なにげにかサラダの様に見えますが。此の夏、色々な花色で楽しませてくれそうです。



crystaltakara at 16:24|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

2011年07月12日

ブラックパールの寄せ植え

今日は先日より買い置いてあった植物を使って寄せ植えを作りました。此の暑さですから早く植えてあげないとと思うと気が気ではありません。

031

新たに一番奥にシソアオイ ブラックキングを植え込みました。その前に植え込んだのが左側がブラックパール、艶々とした黒色がとても美しく、今回の主役です。その右側には鮮やかな黄色のクロトン ラセン。その中央に濃いピンクの可愛らしい千日紅を植え込みました。酷暑の夏も元気に育ってくれるのではないかと期待しています。

034

今日も暑い一日となりそうですね。宝の散歩は6時過ぎです、期待している宝には可愛そうですが、ハアハア言って散歩する宝は可哀そうですから。







crystaltakara at 12:17|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2011年07月11日

浅草寺

6月はマージュの背骨の骨折事件、娘の会社の倒産と思わぬ出来事に襲われ、心痛の一月となりました。

昨日は浅草寺にお参りに行って来ました。

観音様のご縁日は「毎月18日」ですが、これとは別に室町時代以降に「功徳日」と呼ばれる縁日が新たに加えられました。月に一日設けられたのこ日に参拝すると、百日分、千日分の参拝に相当するご利益(功徳)が得られると信仰されて来ました。中でも7月10日の功徳は千日分と最も多く、「千日詣」と呼ばれ、浅草寺では「四万六千日」と呼ばれるようになり、享保年間より46,000日日分(約126年分)のに相当すると言われる様になりました。前日の9日より人でがあった事に依り、7月9・10日の両日を四万六千日のご縁日と受け止める様になりました。

此の両日には「ほおずき市」が開かれます。そもそもこの市は、芝の愛宕神社の縁日にちなんで開かれました。その愛宕神社の縁日は観音様の功徳日にならい四万六千日と呼んでいたのですが、やがて「四万六千日ならば浅草寺が本家本元」とされ、ほうずきの市が浅草寺境内にも立つようになり、かえって愛宕神社をしのぎ盛大になったと伝えられています。

一方、江戸の昔、雷のあった農家で「赤とうもろこし」を吊るした農家が無事であったことから、文化年間以後に「雷除」として赤とうもろこしが売られるようになりました。ところが明治初期に不作が原因で赤とうもろこしの出店ができなかったことから、人々の要望により「四万六千日」のご縁日に「雷除」のお札が浅草寺から授与されるようになり、今日に至っています。

お参りを済ますと清々しい気持ちがしました。どうかこれから一年、無事に過ごせます様に・・・

ほうずき市は盛大に行われていました。袋にほうずきが入れられたお土産があるのですが、そちらを買ってきました。


そご後、やっと日曜日に休みが取れる様になった娘と表参道で待ち合わせをし,ウィンドーショッピングを楽しみました。

表参道の道を歩くと色々なファッショナブルなお店に出会います。その中でも目を引いたのが此のキティーちゃんのお人形です。

110710_1808~01

可愛らしいお花のドレス、下にもピンク色のお花がちりばめられていました。警備員さんも立っていましたから,さぞかし貴重なのでしょうねと思いつつ、あまりの可愛らしさにシャッターを押しました。










crystaltakara at 18:24|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2011年07月09日

ペンタスのハンギング

いよいよ梅雨明け、今日も本当に暑い一日です。此の暑い中、ハンギングを作って来ました。

013

011

題して「乙女の森林浴」

ペンタス、ダイアモンドフロストを乙女にみたててグリーンを沢山植え込みました。グリーンにはデュラン、ヘデラ セシリア、カレックス、リシマキア ミドナイトサンを植え込みました。今日の様に暑いと本当に自然のグリーンの涼しさを懐かしく思います。



先日、自由が丘に行きました。宝に夏用のベッドと新しいお洋服を買いました。

002

004

なんと此のTシャツ、サテンの襟が付き、後ろにサテンのリボンが付いています。ワンちゃんのお洋服もなかなかファッショナブルです。






crystaltakara at 16:21|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2011年07月05日

ルドゥーテ 「美花選」展

Bunkamura ザ・ムュージアムで3日まで開催されていた、ルドゥーテ 「美花選」展に行って来ました。

展示は「美花選」に至る道、「美花選」ー最も美しい花々に分けられて展示がされていました。

「美花選」に至る道

004

「バラ図譜」 ロサ・ケンティフォリア・プロリフェラ・フォリアケア

「美花選」に至る道

「美花選」は「ユリ科植物譜」と「バラ図譜」によって名声を築いたルドゥーテが67歳の時から数年をかけて出版した、いわば集大成です。フォリオ判の豪華版とクオート判がルドゥーテ自身とパリの大手出版者シャルル・ルイ・フルーリ・バンクックを含む5つの出版業者から刊行されました。1827年からl833年に至る36回の配本により6年をかけて完成されました。本書は本人に依る序文と144枚の図版、そして分冊本の最後に加えられた植物学者アントワーヌ・ギュマンによる解説で構成されています。ルドゥーテはそれまで自ら序文を書く事はなく、その意味でも本書は彼の仕事を総括するものでありました。
此の本の正式な名前は長く、「植物界のさまざまな種類から、この上なく美しい花々、見事な果物をつけた枝葉を選び、それは時には花束にされ、しばしば昆虫や蝶に依って活気付けられ、彫版され、オルレアン公女、ルーズとマリー両殿下に捧げたもの」。此のフランス語の最初に来る数語が「この上なく美しい花々を選んだもの」と言う事に依り、それが「美花選」となりました。

Ⅰ 早春の可憐な花々

006

パンジー/スミレ科

009

ワスレナグサ/ムラサキ科

Ⅱ 初夏の庭ーバラの花図

012

ロケ・ケンティフォリア(キャベンジ・ローズ)/バラ科

014

キノッコウバラ/バラ科

Ⅲ ヨーロッパの花々ーアルプスから地中海まで

016

アルプスリンドウ/リンドウ科

018

マドンナリリー(ニワシロユリ)/ユリ科

020

マルバナアサガオ/ヒルガオ科

022

ライラック/モクセイ科

Ⅳ 美しき実りー果物の肖像

024

セイヨウモモ/バラ科

026

フサスグリ/フグリ科

Ⅴ 庭の新しい仲間達ー遠方からの導入種

028

ハルシャギク/キク科

030

ダリア/キク科

032

フクシア・マジュラカ/アカバナ科

Ⅵ 東洋への憧れ

034

ツバキ(八重咲き栽培品種)/ツバキ科

036

アジサイ/アジサイ科(ユキノシタ科)

Ⅶ エキゾチックな植物

038

ストレプカルプス・レクシイ/イワタバコ科

041

キェンフェゴシア・ヘラロフィア/あおい科

Ⅷ ブーケの魅力

043

パンジー/すみれ科

045

ツバキ・スイセン・パンジー

べラムに描かれた水彩画

047

花束(スズラン・キンポウゲ・マルメロ・アネモネ・ムラサキセンダイハギ・セキチク)

049

花束(シクラメン・バラ・パンジー)

どのお花もとても緻密に描かれ、本物のお花を見ているかの様な思いに駆られ、心がとても和みました。珍しい植物もありますが今でも日常よく目にするお花も描かれていて、昔より現代に至るお花の長い歴史を見る思いがしました。

多くの種類の植物を観賞する事が出来、充実した時を過ごしました。






















crystaltakara at 17:20|PermalinkComments(0)TrackBack(0)