2010年09月

2010年09月14日

トリミング

今日は宝のトリミングの日。宝はトリミングが嫌いなのです。トリマーさんに会うと尻尾が縮んでしまいます。でも出来上がりは此の様に綺麗になります。


016

トリミングの疲れで心なしか悲しそうな表情です。宝が一番生き生きするのはやはり遊ぶ時ですね。投げたボールを取って来る時の顔は大ご満悦です。その時の顔もブログに載せたいのですが、シャッターチャンスが難しい!!

幼稚園やトリミングをお願いする為に伺うと必ず雨が降ると言うジンクスがあるのですが、今日も迎えに言った時に雲行きが怪しくなり、とうとう激しい雨が降り出してしまいました。

其方の担当者の方も「あーやはり」と言った様子です。丁寧に車で家迄送って頂きました。トリミングの美しさは保たれたので一安心です。

今度は雨が降らないように祈ります


crystaltakara at 18:02|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

レースセンター原宿

レース専門のお店、レースセンター原宿に行って来ました。

100912_1502~01


とても小さなお店ですが、中では素敵なレースを使ったブラウス、ストールなどが販売されています。

その中でも素晴らしいのが切り売りされるレースの種類の多さと美しさです。

こちらではプリンセスレース教室、そしてこちらの切り売りレースを使って作品を作るお教室が開かれています。

レースに囲まれる此の空間は本当に夢が溢れています。私も以前よりレースがとても好きでしたので、見るもの見るもの思わず「素敵」と言ってしまいました。

今回はストールを作るキットを購入して来ました。ストールの端に簡単?な細工をするだけで出来上がるはずなのですが・・・
あまりにもレースが素敵なので奮起して作ろうと思います。

004

クモの巣 レースストール  レースの繊細な事、本当に美しい!!

009

此方のレースを使って端に飾りを付けます、レシピも入っています。

お店の方もとても丁寧に接客して下さいます。レースの館を見つけたかの様な嬉しさを感じ、お店を後にしました。

http://www.miyaco.net/lace-1930/


帰りしなにKIHACHIのモンブランを買って帰ろうとお店に寄るとなんと売り切れでした。がっかり!
でも大きな栗の乗った栗のショートケーキを買って来ました。

100912_2120~01

此の見事な栗!!  サンドされているクリームにも栗が沢山入っています。とても美味しくいただきました。



ドトール コーヒー でも今、モンブランラテが販売されています。栗マニアの私は早速、注文してみました。モンブランを食べているかの様な栗の味わいが味わえます。甘いので疲れた時など良いですね。

100913_1728~01


芸術の秋より食欲の秋に走りそうな私です。



013

ポーチュラカ

今日からは秋の気候に変わるそうですが、まだまだ咲いてくれそうです。今年の暑さでお花が疲れてしまっている中、元気に花を咲かせてくれています。お花が元気ですと気分が明るくなります。







crystaltakara at 11:49|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2010年09月11日

築地御厨

ソロモン流で「築地御厨」の主人内田悟さんが紹介されていました。

常日頃、美味しい野菜を食べたいと思っている私はとても興味深く番組を観ました。

野菜は「旬の物を頂く」と言う事から入るそうです。今、スーパーには何時もあらゆるシーズンの野菜が揃っていますから、レシピの方が優先してしまって旬を忘れている事に気づかされます。

内田さんの仕事は午前一時より始まるそうです。契約する生産農家から届けられる野菜のチェックをとても細かく行います、駄目な野菜は返品し、パッケージの仕方で野菜が痛みそうな時はそのパッケージを外し、野菜の新鮮さを保つ様にします。

次にレストランからの注文書を確認します。注文内容も信頼の高さがありますから「おまかせ、きのこの三種」「お薦めの青菜(炒め用)」などの様に注文が入って来ます。シェフを目指し修行をしていた内田さんはお料理の知識も豊富なのでどの様なメニューを作るのかを真剣に考え、納品する物を考えます。
変わった野菜のクロックネックズッキーニが紹介されていました。

100908_1511~01

黄色と緑色に分かれた色合いのスッキーニ、変わっていますね。変わった野菜の知識を得たいと思っている私にとってはとても興味深い物でした。

次に野菜の手当てを行います。アスパラの根を切り、霧吹きで水を与え、新聞紙で包みます。お客さんの所に野菜を届けた時に野菜が生きていると言う様に感じて欲しいとの事でした。野菜をとても大切に扱っている事に関心させられました。

レストランへの配達は内田さん自らが行います。80以上のお客様がいるとの事ですから大変ですね。配達するレストランがどの様な野菜を求めているのか、料理長と直接話す事でその事を感じ取るそうです。

内田さんは野菜を販売する事に留まらず、プロの料理長の人にも野菜の事をおしみなく教え、時には料理のアイデアにものるそうです。今回は「銀座野菜蔵JIMI」さんが紹介されていました。野菜を前面に押し出しているイタリアンレストランとの事でした。メニューが色々と紹介されていましたが「旬野菜のプレート」は是非に食べてみたいと思いました。

100908_1527~01

本当の野菜の美味しさを感じる事が出来るでしょうね。
http://r.gnavi.co.jp/e331201/

一般の人に向けての活動も積極的に行っているそうです。月に一回無料で大人向けの「野菜塾」を開催したり。最近では子供向けの「野菜塾」をも開催しているそうです。又、家庭へのデリバリーも始めたそうです、とても興味があります。

娘さんのアトピーに寄り、オーガニックに関心を持たれたそうです、現在自然食品の店を四店舗持つ「ナチュラルハーモニー」経営者の河名秀郎さんと深い交友を持たれ、自然栽培をおこなっている河名さんの畑に野菜を見に行かれるそうです。

自然栽培を始めて知りましたが、水も飼料も与えず、自然の儘に農作物を作る栽培方法だそうです。作物が土を作ってくれるとの事ですが、その土を作る迄が大変な努力をなさったのでしょうね。

内田さんの野菜に対する姿勢にとても興味を持ちまして本を買いました。

御厨

「野菜の選び方、扱い方」

野菜の旬ごとに野菜の選び方、切り方、火入れの仕方、保存の仕方、献立が書かれています。

じっくり読んで野菜を美味しく食べたいと思います。

http://www.yasaijyuku.com/

                                                             ソロモン流 引用




270


トールで制作したランチョンマットです。
この作品を最後にマルチローディングに移りました。まだサイドローディングで未完の作品がありますから完成させたいと思います。













crystaltakara at 19:11|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2010年09月09日

お茶漬け

今年の夏は娘の「お茶漬け」が食べたいの一言でお茶漬けにとてもはまってしまいました。

まずはスーパーで売られているお茶漬けを食べていたのですが、それでは物足りないと言う事になりネット検索をして永谷園の通信販売をみつけました。写真を見ると具も入っているらしい。とても興味があったので、注文をしてみました。

100909_1045~01

極膳と名づけられた此のお茶漬け、真空凍結乾燥製法により、素材同士の味わいや触感を損なわずに再現したお茶漬けだそうです。

四角い真空凍結乾燥製法のお茶漬けの具にお湯を足すとなんと具が広がって来ます。

100909_1058~01

娘には「牛しぐれ」  お肉が入っているのに淡泊な味わいとの事です。

100909_1058~02

私は「鯛と昆布」  鯛の身が入っているのが嬉しい!!わざわざお刺身を買って来るのは大変ですものね。昆布のうま味で美味しさが増します。

他の種類のお茶漬けをいただくのが楽しみです。



今日は涼しく、秋の気配を感じますね、此の涼しさがとても有り難いと思います。
秋と言えば「栗」、私は栗の入ったスィートが大好きです。先日、リトルマーメードの店先で甘栗入りのパンの幟を見ました、早速、買ってみるとパリパリのパンの中に甘い栗のペーストと栗の実が入っていてとても美味しい。今はお店の前を通ると思わず買ってしまいます。

100909_1531~01


食欲の秋のスタートかしら?











crystaltakara at 16:48|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2010年09月08日

ケンタロウのごはんがうまいこの一品

新しいレシピを求めて、書店のお料理のコーナーを見る事を楽しみにしています。今回は「ケンタロウのごはんがうまいこの一品」の本を買いました。

ケンタロウ

ケンタロウさんのお料理は味付けがシンプルなのに美味しい。そこにとても心惹かれて本を見つけると思わず買ってしまします。

今回の本は一品料理、おいしいご飯の炊き方、料理のツボ、のっけおかず、お弁当、しる・スープが紹介されています。

今回、作ったのは「ソーセージ入りのラタツトゥイユ」です。トマトジュースを使って作る事で、出来上がりはとてもあっさりとして、トマト独特の酸味も無くとても食べやすい一品となりました。

100906_2043~01

まだまで作ってみたいレシピが満載です。



crystaltakara at 14:27|PermalinkComments(0)TrackBack(0)