2010年01月

2010年01月20日

ハート型のリース

今日は暖かかったですね。
家の近くの梅も花をほころばせ始めました。

せっかく暖かいのですからガーデニングと思い、ハート型のリースを作りました。

はな*いとし*こいしさんを伺うと、新入荷の花が出迎えてくれました。

さっそく花選びに夢中になりました。

今回使ったのはプリムラジュリアン ブライダルベルとチロリアンデージーとても綺麗な花です。

100120_1512~01

今回はスィートな感じにしたかったので、ピンクと白を基調にしました。

プリムラジュリアン ブライダルベル
まるでバラの様な花です。名前もとても素敵です。ジュリアンも今は色々な種類が出ているのですね。

100121_1356~01


100120_1513~01

チロリアンデージー
こんなに大きなデージーを見たのは初めてです。とても色合い、花びらが綺麗です。

100120_1512~02


後は二種類のラミウムを植え込みました。とても綺麗な葉ものです。

100120_1513~02

100120_1513~03




そしてもう一つ大好きなにおいスミレを使ってミニ寄せ植えを作りました。

100120_1528~01

時計の形をしたブリキ製の器が可愛らしい!!

においスミレ
とても可愛らしいお花、とても良い香りがします。

100120_1528~02

コロニラ
黄色の花がすっと伸びて凛とした感じがします。
葉の斑がとても綺麗。

100120_1528~03




昨日はお花屋さんでヒヤシンスを見つけました。お花の咲くのがとても楽しみです。

100120_1121~01


また明日の午後からは寒さが戻って来そうですね。
一時の春を楽しみました。



crystaltakara at 23:58|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2010年01月19日

グレート サミッツ 美しき世界の名峰

グレート サミッツのシリーズ放送に向け取材のされる山々の紹介、山麓での楽しみ方、山岳ガイドの養成、高山植物、今までの登頂記録、撮影の仕方などが紹介された番組です。

取材される山は
ヨーロッパ  モンブラン、マッターホルン
アフリカ  キリマンジェロ
アジア  キナバル、ウィンヘルム
ニュージーランド  アスパイアリング
ロシア  クリュチェフスカヤ
北米  マッキンリー
南米  アウヤンテプイ、ワスカラン
です。

私の興味を持ったのは山麓の楽しみ方と高山植物に関してです。

夏のシーズンのシャモニー・モンブラン山麓の町が紹介されました。人口一万人の町がシーズンに入るとなんと十倍にもなるとか・・・

スニーカーでいける展望台が数多くあり、白い旗が立てられていると営業している事を示しています。

100115_1759~01

森の中の散策路を一時間程登るとテラスに到着します。

100115_1801~01

テラス フローリアの小屋、花の飾りがとても美しいですね。

美しく花の飾られたテーブルに座ると美しい山々が望めます。

100115_1805~01

花を手前にして臨む山々は本当に美しいですね。


そしてフローリアの小屋では美味しそうなブルーベリーのタルトが楽しめます。

100115_1806~01

とても美味しそう、名峰を眺めながら食べるタルトは絶品でしょうね。私も行ってみたいと思いました。

もっと山に近づきたい人は登山鉄道でモンタンベールまで登ると三大北壁の一つのブランジョラス(北壁)が望めます。

100115_1809~01

三大氷河の一つのメールドグラスに近づく事も出来ます。観光客の為に80メートルのトンネルが掘り抜かれており、太古の氷に触れる事が出来ます。

さらに、スイスに足をのばすと。
標高2、700メートルのトレッキング コースを辿って行くと、目の前にマッターホルンが現れます。

100115_1813~01

美しいですね。きっと畏敬の念を抱くのではないでしょうか。
ドイツ語で草原地の山と言う意味を持つそうです。

そしてその草原では昔からの山の暮らしに出会えます。

一週間に一度、町より羊に塩を与えに来る羊飼いの人は絵本の羊飼いを思わせます。

牧草地のではアルプスの伝統の味、チーズが作られています。アルプスの牧草だけを食べている牛のミルクより作られています。

100117_1508~01

地元のレストラン、ホテルに出荷されるそうです。

チーズを食べたくなったら、ツェルマットへ・・・
ラクレットと言うお料理があります。
半分にカットしたチーズをオーブンで温め、表面が程良く焦げ目が付いたら食べ頃だそうです。茹でたジャガイモと一緒にいただきます。

100115_1819~01

ワインと一緒にいただくと美味しそう!!是非食べてみたい。

チーズを食べる時に白ワインを飲むとチーズが固まらないそうです。

山に登る以外にも色々な楽しみ方があるのですね。夏のシャモニー・モンブラン山麓はとても魅力的です。



次に私のとても興味を持った高山植物です。

7月のヨーロッパアルプス、標高2,500メートル付近では花の季節を迎えます。

100117_1532~01

凄いですね。

雪解けの後、真っ先に咲くオキナグサの仲間

100117_1534~01

日が射す時間に咲くハンニチバナの仲間

100117_1536~01

リンドウの仲間

100117_1537~01

いっせいに大きな群落を作るのがアルペンローゼ、アルプスのバラと呼ばれています。

100117_1538~01

長い根を持ち、風に飛ばされない様にしています。又、蒸発を防ぐために葉は小さめで、光合成が出来る様に一枚一枚が重らない様になっています。

エーデルワイス

100117_1544~01

他の植物との交合を避ける為に石灰岩の地で咲きます。中央の黄色い部分が花で、周りの花の様な部分は葉が変形したものだそうです。

地域に依って咲く花も変わっていきます。

ペルーアンデスでは

クリカシャ

100117_1547~01

サボテンの花だそうです。激しい乾燥にも耐える事が出来ます。

シエテサビオ

100117_1548~01

山岳民族が鎮静剤として用いる薬草だそうです。
熱帯地方の植物は鮮やかな色をしています。

ミリミリ

100117_1550~01

変わった形の花ですね。名前も変わっています。

リマリマ

100117_1551~01

ペルーでは幼い子供が言葉を覚える様におまじないに使うそうです。

次のプヤ・リモンディが一番興味がありました。

100117_1556~01

世界最大の高山植物で高さがなんと10メートルもあるそうです。そしてもっと驚く事が・・・なんと寿命が100年だそうです。その為、別名センチュリー プラントと呼ばれるそうです。その長い一生の間に花を咲かせるのは一生を終える直前の一度だけとの事です。神秘に満ちた花ですね。

100117_1558~01

此の標高では昆虫がいないので、鳥が受粉の助けをするそうです。アンデスヤマハチドリが花の蜜を吸っている様子が映し出されていました。

カムチャッカ半島の火山群では噴火の後でも直ぐに生えてくる植物があるそうです。

ヤナギラン (別名 ファィアー ウィード)

100117_1602~01 (2)

山火事の後、最初に生えてくる植物と言う意味だそうです。

開花から僅か一ヶ月で実を結び、綿毛は風により飛ばされ大地に広がり、山を緑に戻してくれるそうです。

環境の違いに依り色々な高山植物がありますね。


スキーをしていた時に雪に包まれた山を本当に神聖で美しいと思っていました。
山好きなんですね。
なかなか行けない世界を観ると驚きと供に心がときめきます。

















































crystaltakara at 18:11|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2010年01月14日

ブリス ベアー

最近、若い女の子に人気があるブリス ベアー!!

なんでも幸運を運んでくれる小熊ちやんなのだそうです。

携帯ストラップとかバッグのチャームに使われるのだそうです。

トールの先生に作って戴きました。

100114_2225~01

我が家の宝を思わせる姿がとても可愛らしい!!

どうか幸運が訪れます様に




crystaltakara at 22:41|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2010年01月11日

トールペインティング

ランチョンマットが出来上がりました。

ランチョンマットと言いますと布を連想しますが、白木にペイントしてあります。

100111_1726~01

100111_1727~01

100111_1735~01

100111_1728~02

もう一枚、別の柄でランチョンマットを制作します。






crystaltakara at 17:48|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2010年01月09日

アネモネとプリムラポリアンサの寄せ植え

はな*いとし*こいしさんに初荷が入りました。

早速、寄せ植えを作りに伺いました。

今年の初寄せ植えです。

100109_1421~01

ブルーで統一して。シックな寄せ植えになりました。

100109_1421~02

アネモネ ポルトのブルーです。冷静な貴婦人を思わせる美しさ。

100109_1422~01

アネモネ ポルトのパール。お花をそっと開いてみると花弁の真ん中が綺麗な紫色をしています。とても幻想的。

100109_1422~02

ローダンセマム アフリカンアイズ。白い花が可憐です。高山植物の様ですね。

100109_1421~03

プリムラポリアンサ マジカルブルー。アネモネのブルーにとてもマッチしています。花弁の真ん中の黄色がとても鮮やかで、ブルーの地に白いしまの入った花弁が美しい、正に魔法のかかったお花でしょうか。




ラナンキュラスも入荷されていましたので、コンテナに寄せ植えしました。
ラナンキュラスはどんどん新しい花が咲くのでとても楽しみです。昨年は咲いた花を花瓶に飾って楽しみました。

100109_1047~01



新しく入荷されていたプリムラ ジュリアン(バラ咲き)があまりにも可愛らしくコンテナに寄せ植えしました。なんと名前が「いちごのミルフィーユ」、名前を連想させる可愛らしさです。

100109_1510~01


すっかり春の装いとなりました。













crystaltakara at 18:34|PermalinkComments(2)TrackBack(0)